市民自治を考える集い~松下圭一理論に学ぶ~のお知らせ

北海道自治体学会としても、生前大変お世話になりました松下圭一先生。
このたび哀悼の意をこめて、当会委員の皆様が中心となり次の会が催される運びとなりました。
ぜひ多くの会員の皆様に参加をいただきたく、ご案内申し上げます。

事務局長 松井 健20170521チラシ印刷用

■プログラム
森啓氏講演「松下理論とは」、会場討論「松下理論から学んだこと:自治体職員などからの発言」
■日時
2017年5月21日(日)13:00~16:00(開場12:30)
■会場
北海道自治労会館(3階)第1会議室(北6西7)
■参加費
300円(会場費)
■定員
60名
■申込
電話090-9081-3454(今川) メール matusitarironkenkyukai@gmail.com
*当日参加可能ですが、予約者優先です。できるだけ5月15日までにお申し込みください。
■開催趣旨
現在日本には、国家統治の明治憲法を郷愁する「国家主義」の動きが増大しており、国民主権・基本的人権・平和主義の憲法を改変する主張が強まっている。松下理論(著作)が多くの方々に伝わることが、松下先生への何よりの追悼である。併せて我々は「松下理論」を正当に理解しているであろうか、を自身に問う。
■主催
「松下圭一理論に学ぶ」実行委員会(森啓、川村喜芳、片山健也、渡辺克生、桑原隆太郎ほか)

Comments are closed.