2017年度政策シンポジウム「事前学習会」のご案内

2017年度政策シンポジウム「事前学習会」のご案内です。

来る5月27日に2017年度の政策シンポジウムが開催されますが、基調講演・分科会合わせて4時間に及ぶ政策シンポを、単なるイベントではなく、参加者一人ひとりにとって有益な学びの場とするために、会員有志で事前学習会を行いたいと思います。進士先生が書かれた著作に学びながら、人口減少社会における「持続可能な地域社会」について、分科会も意識しつつ、参加者それぞれの視点や立場から問題提起を行い、ディスカッションを行うことを通じて、政策シンポで深めるべき論点を明確にし、共有できればと思います。多くの会員の皆さまのご参加をお待ちしています。

・日時:2017年5月9日(火)18時半~20時半頃
・会場:北海学園大学豊平キャンパス7号館5階D501教室
    (札幌市営地下鉄東豊線「学園前」駅直結)
・内容:(1)進士先生の著作から学ぶ「都市と農村の共生」
(参考:進士五十八
著『農の時代 スローなまちづくりで都市とふるさとを再生する』学芸出版、2003年)
    (2)持続可能性とは何か?SDGsとは?
    (3)市民参加型の政策形成過程について等
・報告者:
     加藤知愛(北海道大学大学院 国際広報メディア専攻 博士課程)
     渡邊真央人(札幌市役所)
     西村宣彦(北海学園大学経済学部)他
・参加費:無料
・申込み:準備の都合上、前日(5/8)までに運営委員・渡邊までご一報いただければ幸いです。(maoto.watanabe@city.sapporo.jp)当日参加も歓迎します。
・懇親会:ご希望に応じて行えればと思います。

 

Comments are closed.